フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
 WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

WEB blog
記事詳細

metaタグ

カテゴリ:ま行

metaタグとは、HTMLタグの一つで、そのHTML文書についての情報のうち、既存のタグでは定義されていないものの記述に用いる。
属性には「http-equiv」「name」「content」の3つ(HTML5ではこれに加えて「charset」の4つ)があり、何の情報を定義するのかを前2つのいずれかで示し、その内容をcontentフィールドに記述する。

「http-equiv」はHTMLヘッダと同等(equivalent)の内容を記述するためのもので、HTTPヘッダの種類として定義されている「Content-Type」「Pragma」「Cache-Control」「Expires」「Refresh」などの内容を記述することができる。

一般的な内容を定義するには「name」が用いられ、書き手が好きな項目を自由に定義することができるが、文書を受信した側のソフトウェアが対応していない内容は単に無視される。
検索エンジンなどで一般的によく用いられるものとしては、ページの内容の要約を記述する「description」、文書の特徴を示すキーワードを記述する「keywords」、ロボット/クローラーの挙動を制御する「robots」、文書の著者を記述する「author」、著作権者を記述する「copyright」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • PAGE TOP