フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
 WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

WEB blog
記事詳細

margin(マージン)

カテゴリ:ま行

マージンとは、余白、欄外、周縁、端、余裕、許容範囲、利鞘、限度などの意味を持つ英単語。
マージンとは、ページの周囲にある空白部分のこと、あるいは、段組した際の段間の余白のことである。主に文書レイアウトに関する用語として用いられる。
マージンを除いた部分を版面(はんづら、または、はんめん)といい、版面に本文が配置される。マージンには、ヘッダーやフッター、ページ番号(ノンブル)などが配置されることが多い。
マージンは、冊子形式で見開きページにした場合、その位置によって、上側は「天」、下側は「地」、外側は「小口」、内側は「のど」と呼ばれる。
マージンの値は、プリンタの仕様やとじしろ、紙面の見た目などを考慮して決めることが望ましいとされている。例えば、文書をインクジェットプリンタで印刷する場合、プリンタがふちなし印刷に対応していないと、紙送り機構の仕組みによって印刷領域が小さくなる場合がある。また、とじしろがないと、製本時に本文がとじ込まれることがある。見た目では、マージンが少なすぎると読む人に圧迫感を与え、多すぎると間延びした印象を与えることがある。そのため、一般的には、A4判では、マージンを15mmから30mmくらいに設定して、とじしろがある場合はそのマージンを5mmくらい多めに取るとよいとされている。

Wordでマージンを設定するには、[ファイル]メニューから[ページ設定]を選択して、[余白]タブでマージンの値を入力する。また、とじしろや見開きページなどで左右対称のマージンを設定することもできる。
なお、Webページのレイアウトにおいては、CSS(スタイルシート)の「margin」属性を指定することによって、マージンを変更することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • PAGE TOP