フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
ソーシャルネットサービス【SNS】情報・活用方法
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WEB屋になる為の知識と技術
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

BASIC認証(パスワード認証)作成「.htaccess」の設置

02.10.14 14:35 | コメント(0)

BASIC認証(パスワード認証)作成

ホームページ公開前や会員制ページ、限定した人々にのみ公開したい時などあると思います。
ウェブ上でのアクセス制限方法にはいろいろありますが、ユーザーIDとパスワードを用意した「ユーザー認証(BASIC認証)」を行うアクセス制限を設置いたします。

そこで今回は、「.htaccess」ファイルを使って、基本認証(BASIC認証)と呼ばれるアクセス制限機能(ユーザー認証機能)をウェブサイト内に設置する方法をご紹介致します。

※アクセス制限は検索エンジンのクローラーもブロックする為、検索結果に出てほしくないページに設定する場合でも活用できます。


 【設置の流れ】
  1. 「.htaccess」「.htpasswd」ファイル作成
  2. 「.htaccess」ファイルの記載
  3. 「.htpasswd」ファイルの記載
  4. 「.htaccess」「.htpasswd」ファイルのアップロード

BASIC認証

ブラウザによる画面の違いはありますが、基本認証が施されているページへアクセスしようとすると、下図のような認証ダイアログが表示され、IDとパスワードの入力が求められます。

BASIC認証画面

BASIC認証

BASIC認証エラー画面

BASIC認証エラー

「.htaccess」「.htpasswd」ファイル作成

最初に基本認証を利用するには、「.htaccess」「.htpasswd」の二つのファイルを作成する必要があります。
【.htaccess】
ウェブサーバの設定を記述するファイル
【.htpasswd】
基本認証用のIDとパスワードを記述するファイル

「.htaccess」「.htpasswd」ファイル

.htaccess

「.htaccess」ファイルの記載

基本認証を利用するためには、「.htaccess」ファイルの中に、下記の内容を記載します。 ※例でパスワードファイルを置いているディレクトリを「/home/test/」とします。
AuthType Basic
AuthUserFile /home/test/.htpasswd
AuthName "Please enter your ID and password"
require valid-user 
項目 説明
AuthType リダイレクトタイプ
AuthUserFile ID・パスワード格納ファイルのディレクトリ
AuthName BASIC認証画面に表示される文字(表示されるメッセージなど)
デフォルトページの指定 「認証されたユーザーにアクセスを許可する」指定

「.htpasswd」ファイルの記載

次に基本認証でユーザーを認証するために使う「.htpasswd」ファイルの中に、下記の「ユーザーIDとパスワード」を記載します。 ※例でユーザーIDを「test」とします。
※ユーザーIDを二つ以上作成したい場合は同じ行をもう1行追加してください。
test:njBDE45dFFg

またパスワード「.htpasswd」ファイルを自動で作成したい場合は下記の様な自動で作成できるサイトもございます。
▼.htpasswd自動作成サイト http://www.htaccesseditor.com

「.htaccess」「.htpasswd」ファイルのアップロード

ファイルの作成が完了したら保存し、ファイルをFFFTPツール等を使いサーバーへアップロードしましょう。

サーバーへアップロード

アップロード
以上で設定完了です。
試しにBASIC認証画面が表示されるか確認してみましょう。
カテゴリ:.htaccessの使い方, WEB屋になる為の知識と技術, パソコンの知って損をしない知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP