Webデザイナーって自由なの? Webデザイナーの色々な働き方

22.07.17 01:57 | コメント(0)

Webデザイナーの働き方

周りにWebデザイナーさんがいる方はよく聞くかもしれませんが、徹夜で作業を行ってたり残業が多かったりと良く耳にする方もいると思います。
ただ、デザイナーさんの中には自分の意思で作業を行っている方もいます。

Webデザイナーの就業形態は会社によって異なりますが、正社員・アルバイト・派遣などの形態があり、その他フリーデザイナーとして働く方もいます。
もちろん納期もあるので時間が間に合わない時や、自分のこだわりが強すぎて時間がかかってしまうデザイナーさんもいます。Webデザイナーを何年もやってる人は勉強熱心な方が多いですし、自分の技術レベルのアップに時間を掛ける方やお客様に喜んでもらう為に時間を掛けたりする方もいます。
なので、Webデザイナーさんが残業や徹夜に対して不満をもつ方は少ないと思います。Web技術をひとつひとつマスターしていくにはかなりの時間と揚力が掛かります。みんなそれを乗り越えて行きはじめて一人前のWebデザイナーになるんだと思います。
後は会社によっては自由な環境を作っている会社もあり、自宅作業が可能であったりカフェや外出先での作業をするデザイナーさんもいますね。
そういった環境の方にとっては、基本的には自分の作業納期がしっかり間に合っていれば働き方は自由に出来たりもします。
今回はWebデザイナーの色々な働き方をご紹介いたします。

Webデザイナーの働き方
 1. Web制作会社で働く働き方
 2. 在宅で働く働き方
 3. フリーランスで働く働き方
 4. 広告代理店で働く働き方
 5. システム開発会社で働く働き方
 6. 企業内でWeb担当として働く働き方
 7. 企業に属するデザイナーとフリーランスの比率

Web制作会社で働く働き方

制作会社で働く場合は、正社員・アルバイト・派遣などの形態がありますが、基本的業務はさほど変わりません。
営業やディレクターが取ってきたお仕事や、自社で運営を行っているWebサイトの運営業務がお仕事になります。
制作内容は企業のホームページやECサイト、ランディングページやコンテンツサイト等の制作が多いです。

基本的にはWebサイトひとつを制作したり、バナーやコーディングのみといった業務もありWebのスキルアップになる事も多いです。
また、周りに同じWeb技術者がいる事で知識と技術のレベルアップに繋がると思います。

在宅で働く働き方

フリーランスと少し似ているところもありますが、制作会社や広告代理店等の企業からお仕事をもらい在宅で作業を行います。

業務のやり取りはメールや電話、チャットなどを利用して作業を進めていきます。働き方の中では在宅ワークは最も自由な働き方かもしれませんが、在宅でお仕事をする場合のデメリットも沢山あります。
利益を確保するにはそれなりの契約企業がないと利益がうまれません。契約で固定の利益を確保出来ればよいですが、時給や日給等の契約になるとそれなりのお仕事を自分で確保していかなくてはなりません。
中には、制作会社で雇用されながら在宅で業務を行うという会社もあります。

フリーランスで働く働き方

在宅ワークでの働き方と似ていますが、在宅ワークと違いフリーランスの場合は、全て自分で行わなくてはなりません。
営業・ディレクション・デザイン・コーディングといった業務を全て自分で行います。

Webデザイナーの経験が長い方はフリーランスで行う方も多いですね。経験が長いとそれなりの知識やコミュニケーション能力もスキルアップしていきます。自然とお客様との打ち合わせに参加したり、お客様の相談を受ける事が増えていく事でスキルアップして行くからです。
フリーランスの場合は、お客様がエンドクライアントだったり制作会社だったり広告代理店だったりと色々な会社と関わりを持ってきます。
もちろん一人で業務を行ってる為、働き方は自由です。利益も自分のブランド力や営業力で大きく左右します。
自分のブランディングを定着していけば企業で働くより十分稼げます。
ただ、最初からフリーランスはあまりおススメしません。最初は企業で働き、色々な周りの意見を吸収し、企業での働き方を覚えてからの方が良いかもしれませんね。

広告代理店で働く働き方

ひと昔と比べて広告代理店の仕事内容が変化してきている部分があります。ひと昔は、今のようにWebのお仕事を受ける事はあまりありませんでした。
しかし、今や広告代理店もWebに関するお仕事を積極的に受けるようになりました。今までは、Webの制作業務も外部のフリーランスのWebデザイナーに振る事が多かったのですが、今はWebデザイナーを雇用する広告代理店も少しづつ増えてきています。

広告代理店に勤務して働くWebデザイナーさんのお仕事は、最も多いのがランディングページや広告関連のバナー作成が多いです。
広告に関係した業務が比較的多くなることもあり、普通のWebサイトを作りたい人にとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。

システム開発会社で働く働き方

システム会社で働く場合は、Web制作会社と異なり、Webサイトの制作もありますが、それ以上に多い仕事が基幹システムや業務システム等のUIデザインを求められる事も多いです。
Webデザイナーさんからしてみてはあまり楽しいお仕事ではないかもしれませんが、会社で使う経理システムや通販会社で使う在庫システム等のUIデザインの業務です。
ただ、システム会社に勤務しているとプログラミング技術のスキルアップやプログラミングの知識もレベルアップします。

システム会社で利用している言語は、HTMLやCSSの他に、Perl、PHP、Ruby、Python、Javaなど高度なプログラミング技術が使われています。
また、アプリを開発するシステム会社になるとアプリのUIデザイン業務を行ったりもします。普通のWeb制作会社と違って違うスキルが身につくかもしれませんね。

企業でWeb担当として働く働き方

一般企業に入りWeb担当として働く場合は、自社のホームページの運営や自社で扱っているECサイト等の運用業務が一般的です。

企業で新しいサービスやECサイトを開設するのであれば新規でWeb制作に携われますが、新規のWebサイト制作というより、運営しているWebサイト、ECサイトの更新や運用が主な業務になる事が多いです。
WebデザイナーというよりWeb運用業務になりがちなのでWebデザイナーとしては魅力を感じないお仕事かもしれませんね。
ECサイトの運用であれば、ECサイトの運用に関わる全ての業務知識がスキルアップとして増えていきそうですね。

企業に属するデザイナーとフリーランスの比率

インンハウスデザイナーがフリーランスの約3倍の比率になってます。

インハウス/フリーランス別、デザイナー数の比率(2010年)

区分 デザイナー数 比率
インハウスデザイナー 137,110 76.4%
フリーランスデザイナー 40,040 22.3%
その他 2,350 1.3%
合計 179,500 100.0%
※資料:総務省「国勢調査」
カテゴリ:WEB屋になる為の心得, WEB屋になる為の知識と技術

Facebookでコメントする

コメントする

おすすめの記事

Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

PAGE TOP