フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
 WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

ウェブページの表示速度(パフォーマンス)を測定してくれるWebツール

10.11.15 00:37 | コメント(0)

表示速度(パフォーマンス)を測定

ウェブページの表示速度(パフォーマンス)が遅いと感じたとき、まずは表示速度(パフォーマンス)を測定してみましょう。
Googleが提供しているPageSpeed Insightsという表示速度(パフォーマンス)を測定してくれるサービスがあります。
PageSpeed Insightsは、ウェブページのコンテンツを解析してページの読み込み速度(パフォーマンス)を測定し、表示速度(パフォーマンス)を早くするためにどおすれば良いか改善策を提案してくれるサービスです。

PageSpeed Insightsサイト

測定したいウェブページのURLを入力して解析するとPageSpeedのスコアが表示されます。
PageSpeedスコアの範囲は0~100ポイントです。スコアが大きければ大きいほど良好で、80以上のスコアはそのページのパフォーマンスが高いことを示します。

3D Ribbon Generatorサイト

PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja
表示速度(パフォーマンス)を測定してみたら以下の項目を改善していきましょう。
 1. 画像(画像ファイル)を最適化する
 2. スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSSファイルを排除する
 3. ブラウザのキャッシュを活用する
 4. HTMLファイル,CSSファイル,JavaScriptファイルを縮小する

以上でウェブページの表示速度(パフォーマンス)を測定してくれるWebツールのご紹介をさせて頂きました。
カテゴリ:WEB屋になる為の知識と技術, 参考になるホームページ・便利ツール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP