フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
ソーシャルネットサービス【SNS】情報・活用方法
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WEB屋になる為の知識と技術
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

パララックス要素を使って画像を横から動かす jQuery

28.06.14 12:36 | コメント(0)

ランディングページで使われるパララックス要素

ランディングページやパララックスといったサイトでよく見かけますが、画面をスクロールすると画像が横からスライドしてくるパララックス要素
パララックスサイトでは数多くの画像を動かしたり写真を使ったアクションを多用します。今回はその中の1部ではありますが、スクロールした時に画像が横からスライドしてくるjQueryの設定方法をご紹介したいと思います。

スクロールで動くパララックス効果の特徴とは

サンプルページ

パララックス要素を使って画像を横から動かす jQuery
サンプルページはこちら

 1. 「jQuery」プラグインをダウンロード
 2. ヘッダーの記載
 3. 「html」「css」「JavaScript」ファイルの作成

「jQuery」プラグインをダウンロード

まずは下記のサイトから「jquery.easing.1.3.js」と「jquery.inview.js」ファイルをダウンロードします。

▼jquery.easing.1.3.jsファイル
jquery.easing.1.3.jsダウンロード

▼jquery.inview.jsファイル
jquery.inview.jsダウンロード

ヘッダーの記載

ダウンロードファイル「jquery.easing.1.3.js」と「jquery.inview.js」をアップロードし、「jquery.min.js」「jquery.easing.1.3.js」「jquery.inview.js」「config.js」ファイルを読み込む「JavaScript」ファイルへの読み込みコードをヘッダーへ記載しましょう。

【ヘッダーに記述】




パララックス要素を使って画像を横から動かす jQuery









「html」「css」「JavaScript」ファイルの作成

次に「グローバルメニュー」用のソースコードを作成します。

【htmlファイルに記述】

パララックス要素を使って画像を横から動かす


【cssファイルに記述】
/* パラ画像 ---------------------------- */
#topics .para {
	position: relative;
	height: 300px;
	z-index: 9999;
}
#topics .inner {
	height: 300px;
	padding: 0 60px;
	position: relative;
}
#topics .para h2 {
	position: absolute;
	top: 300px;
	left: 0px;
	height: 300px;
	width: 640px;
}

【config.jsファイルに記述】
$(function(){
	
  $("#topics .para h2").css({left : "1500px"});


  //
	$('#topics .inner').bind('inview', function (event, visible, topOrBottomOrBoth) {
		if (visible == true) {
			// element is now visible in the viewport
			if (topOrBottomOrBoth == 'top')
			{
				$("#topics .para h2").animate({left: "0px"}, 800, "easeOutExpo");
			}
			else if (topOrBottomOrBoth == 'bottom')
			{
				// bottom part of element is visible
			}
			else
			{
				// whole part of element is visible
			}
		} else {
			//$("#topics .para h2").animate({left: "1500px"}, 800, "easeInExpo");
		}
	});

});


以上で設定完了です。
カテゴリ:WEB屋になる為の知識と技術, 使えるjQueryとJavaScript
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP