フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
 WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

スクロールで動くパララックス効果の特徴とは

13.01.14 19:26 | コメント(0)

平面的な見た目デザイン

ここ最近では、縦に長いWebサイトが多く見かけるようになって来ました。
縦に長いだけでなく、シンプルのデザインや動きを入れたWebサイトも増えてきています。

特に一部では、元々キャンペーンなどで使われる事の多かった「パララックス効果 (parallax scrolling effect) 」を採用したWebサイトが増えてきています。
2012年くらいから「パララックス効果」を採用したサイトは少しずつ増えてきましたが、ブームは少し過ぎた?という声も少なくはありません。

パララックス(parallax)とは、「視差」という意味です。

右目と左目で物体への視方向(θ)が異なる。この視方向差(θ2 - θ1)を指す。
対象への視方向差が 奥行き感の指標となる。眼球(視線)は物体の方向に向いた場合には、2つの眼球の角度が奥行きの認識の指標となる。この物体から見て右目と左目とのなす角を輻輳角と呼び、両眼視差を角度で表すと同じになる。

簡単にまとめると、遠近感や立体感を演出するWebサイトということです。 パララックス効果のWebデザインは、スクロールといった動作に応じて、複数のレイヤー(画像や写真等)にある要素を異なるスピードで動かすことで遠近感や立体感・奥行きを演出する手法のことを指します。

パララックスデザイン」の特徴は単色・ベタ塗りでメリハリのある色使い、単純で直線的・幾何学的な図形と配置、個々のパーツにではなくUI全体に着眼したデザイン設計、といった要素が主な特徴です。
パララックスデザイン」の基本は下記画像の用に写真を分けて表現を変えていきます。

パララックスWebデザイン

パララックスWebデザイン

ノバレーゼ Webデザイン

パララックスWebデザイン http://www.novarese.co.jp/

主な特徴

パララックスデザインの主な特徴を上げさせて頂きます。

 ・キャンペーン要素での採用が多い
 ・独特な情報の見せ方をする
 ・写真や画像といったレイヤーを別々で動かす

キャンペーンサイトでパララックス効果を採用する事が多い手法でしたが、今はキャンペーン以外の採用も多くなってきました。よりWebサイトにインパクトを与える為にフラッシュ(Flash)の様な動きを見せるスクロールエフェクトを利用したWebサイトの事を「パララックスデザイン」と言います。
カテゴリ:WEB屋になる為の知識と技術, ホームページ(WEB)制作と作成方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP