フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で記事編集画面でカテゴリーを維持する方法
 WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカスタム投稿タイプ(タクソノミー)を利用して投稿記事に設定しているカテゴリーを表示させる時に、子カテゴリーのみを取得して表示する方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

html4?xtml?html5?どの言語で作ればいいの?

30.03.13 18:08 | コメント(0)

HTMLの使い方

「html4」「xtml」「html5」と目にすることがあると思います。

 1. html4とは
 2. xtmlとは
 3. html5とは
 4. 拡張子の進化で変わってくる内容・項目

html4とは

ホームページはHTML(HyperText Markup Language)というマークアップ言語で書かれた文書なわけですが、WWWの標準化を進めているW3C(World Wide Web Consortium)という組織が作った、HTMLの標準仕様がHTML4.01です。

xtmlとは

もともとHTMLはXMLの親にあたるSGMLから派生した言語で、Webブラウザメーカー主導で独自の拡張が続いてきた。
このため、HTMLはXMLとは一部整合性を欠く言語仕様となっているが、両者の違いは ある程度吸収できる範囲のものであるため、従来のWebブラウザでも問題なく見られ、かつXMLに準拠した文書を作成する言語仕様としてXHTMLが作成された。

html5とは

HTML5とは、HTMLのバージョン5、改訂第5版です。
今までWEBサイトを作成する際に一般的に利用されるのはHTML 4.01ですが、次世代のウェブ環境に合わせて、新たに仕様を検討されているのがHTML5です。

これらの3つの拡張子がありますが、これらは、次世代に合わせて進化していると言うことになります。

もちろん、まだまだhtmlやxhtmlで作成されたWEBサイトも沢山あります。
これからの時代は「html5」で作成されたホームページが多くなってくるでしょう。

それぞれの言語によってコーディングの書き方が若干変わってきます。
今から覚えていく方は「html5」の作り方を覚えたほうが良いかもしれませんね。

拡張子の進化で変わってくる内容・項目

・ヘッダーやメタタグの記載方法が変わる
・動画や音声データの扱い方が変わる
・タフの追加される要素と廃止される要素がある
・終了タグの必要がなくなる
・スクリプトおよびスタイル要素の定義が異なる
・DOCTYPE宣言の記載方法が異なる
・エンコーディングの記載方法が異なる
・フォームの要素が変わる
カテゴリ:HTML4・XHTML + CSSの基礎, HTML5, HTML5 + CSS3の基礎, WEB屋になる為の心得, WEB屋になる為の知識と技術, コーディング(HTML・XHTML)技術, ホームページ(WEB)制作と作成方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP