メールの設定方法とメールアドレスについて

17.12.09 13:00 | コメント(0)

メールアドレスの取得と設定

ドメインの取得サーバーの契約が完了、そしたら次に何をすればいいのか・・・。

次に行う事は、実際にサーバーを利用していく事です。

サーバーを利用するとという事は、実際にホームページを作成していく工程に進むか、もしくはメールアドレスの取得の工程に進むかどちらかになると思います。
メールアドレスについて
インターネットの初期からある通信手段であり、Unix to Unix Copy Protocol(UUCP) やSimple Mail Transfer Protocol (SMTP) などのプロトコルを介して、メールを相手サーバに届ける事ができる。
電気的な信号で送受信を行うのでかかる時間は数分程度である。
インターネットが普及し始めた頃(あるいは現在も)はBBSの書き込みやブログのコメントさえも含めて「メール」と呼称していたライトユーザが多かった。
また、携帯電話やPHS間でごく短い文字メッセージ(メール)をやりとりする、ショートメッセージサービス(SMS。iモードなどのサービス開始前より行われている)も、広義の電子メールに含まれる。

個々の電子メールのアドレスは、xxxx@kingsite.jp などのような形で表現される。
実際に電子メールを使うためには独自ドメイン名(この例では "http://www.kingsite.jp/ ")を得て、ドメイン名を管理するDNSサーバやメールサーバに登録する必要がある。
一般的には、加入プロバイダや勤務先・通学先の企業・学校などのアドレス(アカウント)になっていることが多い。
容量については理論的には制限はないが、送受信可能な最大容量は、プロバイダの提供する容量で制約を受ける。一般的には、ダイヤルアップ接続時代の名残の数メガバイトから、近年のブロードバンド対応として大容量を謳ったものでは100メガバイト程度に設定されることが多い。これ以上の大容量のデータのやり取りにはFTPやP2Pなどが使われることが多い。
無料アドレス(フリーメールサービス)の場合は、プロバイダなどのアカウントで利用する一般的な電子メールクライアントではなく、Webブラウザを使いWebページ上で、送受信を行うWebメールがほとんどである。
個人サイト、個人で運営しているホームページなどでは、個人のメールアドレスやフリーメールを使用する方も少なくはありませんが、企業で運営するwebサイトやショッピングサイトなどでは、各項目で利用するメールアドレスは一般的にドメインに対してのメールアドレスを利用します。

※基本はサーバー管理画面で「メールアドレスの取得」や「メールの追加」といった項目があると思うので、そちらから新規でメールアドレスを取得してください。

※新規登録したら次にメールソフトへ設定してください。

メールソフトへ設定をしたら通常通り、取得したメールアドレスを使用できるようになります。
カテゴリ:WEB屋になる為の知識と技術, ホームページ(WEB)制作と作成方法

Facebookでコメントする

コメントする

おすすめの記事

Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

PAGE TOP