Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

3種類のTwitter(ツイッター)広告を有効活用して新しいプロモーション戦略で売り上げアップ

15.01.15 14:13 | コメント(0)

Twitter広告とは何?宣伝活動にリアルタイムの即時性

Twitter(ツイッター)アカウントを運用されている方も多いと思います。

日常的に使っているTwitterとFacebook。

総務省情報通信政策研究所の調査データによるとTwitterの利用者に関しては18歳~24歳のユーザーが飛び抜けて人気があることがわかりました。 また、Facebookは20代~30代が飛び抜けて人気があるようです。

年齢の観点から考えるとTwitterは学生や若者に人気、Facebookは若者に限らずどの年齢層にも利用されているということが言えるのではないでしょうか。

データ参考元:総務省情報通信政策研究所

Twitterは、企業のマーケティングツールとしても積極的に活用されており、未だ知らない方も多いですが、広告やプロモーションに力を入れている企業では広告手法の一つとしてTwitterのタイムラインや検索結果に広告を掲載できるサービス「Twitterプロモーション」の利用が増えてきています。

Twitterプロモーション」では、既存のフォロワーだけではなく、フォロワー以外のユーザーのタイムラインや検索結果に広告を配信できます。

広告宣伝活動やプロモーション活動を行う場合、いくつかの方法が考えられますが、その中の1つとして、Twitterを活用した広告宣伝方法が考えられます。

Twitter広告

Twitter広告
そこで今回は、WebサイトやECサイトでの売上をアップさせるために、「Twitter広告」をご紹介いたします。

 1. Twitter広告の種類と説明
 2. プロモ商品「プロモアカウント」について
 3. プロモ商品「プロモツイート」について
 4. プロモ商品「プロモトレンド」について
 5. 料金説明

Twitter広告の種類と説明

Twitterプロモーションを成功に導く為には、どんな方法があるかまずは理解をしましょう。
Twitterプロモーションを通じて、お客様が商品を購入するまでの道のりを作ってあげること、お客様に製品の良さをより鮮明に理解を頂くことが大切です。

Twitter広告は、ターゲット層のTwitterユーザーからフォロワーを獲得できる「プロモアカウント」、リーチを拡大できる「プロモツイート」、ユーザーの注目を喚起し、イベントや新商品など幅広く宣伝ができる「プロモトレンド」などの3種類のTwitter広告が利用できます。

プロモ商品「プロモアカウント」について

プロモアカウントは、「おすすめのユーザー」欄に表示され、アカウント自体のフォローを拡大していく為の広告です。

プロモ商品「プロモアカウント」

プロモ商品「プロモアカウント」

プロモ商品「プロモツイート」について

プロモツイートは、ユーザーの「タイムライン」や「検索結果」欄に表示され、ツイート形式で広めていく広告です。

プロモ商品「プロモツイート」

プロモ商品「プロモツイート」

プロモ商品「プロモトレンド」について

プロモトレンドは、「トレンド」欄に表示され、1日中上位表示されるので、さらなる拡散につなげていく広告です。

プロモ商品「プロモトレンド」

プロモ商品「プロモトレンド」

料金説明

「プロモアカウント」、「プロモツイート」料金は、広告主が設定した「キャンペーンの目的」に応じて、ユーザーが反応したときにのみ発生し、「プロモトレンド」料金は固定で費用が発生します。

・プロモアカウント
Twitterユーザーにフォローされた場合に課金されます。

・プロモツイート
リツイート、返信、お気に入り登録、またはクリックがあったとき場合に課金されます。

・プロモトレンド
1日1社限定で420万円。

以上で3種類のTwitter(ツイッター)広告を有効活用して新しいプロモーション戦略で売り上げアップをご説明させて頂きました。
カテゴリ:SEOとSEMの基礎対策, SNS活用術, ソーシャルネットサービス【SNS】情報・活用方法, ツイッター(Twitter), リスティング広告を学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP