Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

Google検索結果のタイトル自動変換される6つの理由

09.12.13 23:36 | コメント(0)

Googleの検索結果でタイトルが勝手に書き換えられる

ご存知の方は一度は変化にきずいているかも知れませんが、
Googleが勝手にウェブサイトのタイトルを
変更して検索エンジンに登録することがあります。

せっかくSEO対策を考えて施策したタイトルタグ、それが検索結果を見ると
異常に短くなったり、言葉が変化して表示されることがあります。
※タイトルタグはの部分です。

下記の画面は私のサイトがGoogleで自動変換された際の画像です。
WEBサイトのメタタグ内のタイトルは

「知って損をしないWEBマーケティングとITニュース|フリーランスWEBデザイナー 【キングサイト】」

と、記載をしていますが、検索の結果を見ると

「WEBの知識と技術ブログ-キングサイト」

と、掲載されております。

Google検索結果

google_search02.jpg Googleは以前にこの仕様を発表していましたが実際の結果が
最近多く訪れてきてるみたいですね。

 1. Google記事
 2. タイトルが自動変更される6つの理由
 3. わかりやすいページ タイトルを作成する

Google記事

Google の検索結果において、タイトルは重要な位置を占めています。タイトルは一行目に表示され、検索をした人はそのタイトルをクリックしてそれぞれのページにたどり着きます。そのため、そのページが何を表しているか一目でわかるように、具体的でわかりやすいタイトル(およびスニペット用にメタ ディスクリプション)を付けることをウェブマスターの皆様には常々お勧めしてきました。

ユーザーにどのようなタイトルを見せるかを決めるために、Google では多くのシグナルを利用しています。もしウェブマスターの方が<title>タグを使っているならば、基本的にはそれをタイトルに用います。しかしどのような検索キーワードに対しても常に<title>タグに書かれているものをそのまま表示してしまうと、ユーザーにとってはそのタイトルは検索キーワードと関連性が低いように見えることもあるかもしれません。そのような場合にそのページが検索キーワードと関連性が高いものであると気づいてもらうため、Google では代わりのタイトルを生成するアルゴリズムを利用することがあります。Google のテストでは、ほとんどの場合においてこれらの代わりのタイトルの方が元のタイトルよりも検索キーワードに対して高い関連性を示しました。また、これらの代わりのタイトルを使用することによりタイトルのクリック率は大幅に向上しており、検索をするユーザーとウェブマスターの皆さんの双方に役立っていました。これが Google が代わりのタイトルを表示する理由の半分です。

もう一方で、HTML 内に何もタイトルがなかったり、そのページを表すようなタイトルがウェブマスターによってつけられていない場合にも代わりのタイトルは表示されます。例えば、タイトルが単純に「ホーム」と名づけられている場合、タイトルはそのページの内容を表してはいません。また、1 つのサイトのページ内でまったく同じ(またはほぼ同じ)タイトルが使われているという問題もよく見られます。最近では、不必要に長かったり読みにくかったりするようなタイトルを簡潔でわかりやすいものに置き換える、という試みも行われています。

よりよいタイトルやメタ ディスクリプションの書き方、代わりのタイトルを生成する時に使われるシグナルに関しての詳しい情報は、「サイトのタイトルと説明の変更」というヘルプ記事をご覧ください。また、Google ではウェブサイトのタイトルが改善できそうなことを発見した場合はウェブマスター ツールの「HTML の候補」という項目でウェブマスターの方にお知らせする取り組みも行っています。こちらはウェブマスター ツールの左側のメニューの「診断」からご覧ください。
≫Googleブログ記事はこちら

タイトルとウェブサイトの関連性、検索キーワードとタイトルの関連性
それぞれの関連性が低いと判断された場合にGoogleでは代わりのタイトルを
生成するみたいですね。

タイトルが自動変更される6つの理由

◆タイトルがやたら長い場合
◆タイトルがわかりづらい場合
◆サイト内・タイトルでワードの重複が多い場合
◆タイトルタグの記載が無い場合
◆タイトルとウェブサイトの関連性が感じられない場合
◆ウェブサイト全体の関連性を高める為に変化させる場合

わかりやすいページ タイトルを作成する

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、
クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝える上できわめて重要です。
どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、
ウェブページには優れたタイトルを付けることが重要です。

タイトルの作り方のヒントに下記の説明もご参考に見てみてはどおでしょうか。

Google検索結果

タイトルやディスクリプションの重複もGoogleエンジンは
かなり重視して検索結果に反映されるので、
メタタグ内の「title」「description」「keywords」の各ページとの
重複は出来る限りさけましょう。
カテゴリ:CSS3, Google検索エンジンについて, Google関連情報と使い方, HTML4・XHTML + CSSの基礎, HTML5, HTML5 + CSS3の基礎, SEOとSEMの基礎対策, WEB屋になる為の知識と技術, コーディング(HTML・XHTML)技術, ホームページ(WEB)制作と作成方法, メタタグ(Meta tag)の設定, 検索エンジン最適化とSEO対策を学ぶ

Facebookでコメントする

コメントする

おすすめの記事

PAGE TOP