Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

ロボット型・ディレクトリ型検索エンジンの違い

13.01.10 10:35 | コメント(0)

検索エンジンにウェブサイトを知らせる

検索エンジン最適化とはロボット型検索エンジンに自分のウェブサイトの構造や情報、何のサイトかをエンジンクローラーに知ってもらうことです。検索エンジンアルコリズムにより高く評価してもらうためにサイト構造を整理整頓することが検索エンジンへの最適化、及びSEO対策です。

前回ご説明しました検索エンジンの種類についてのご説明をさせて頂きます。

ロボット型検索エンジン

サーチエンジンの一種で、専用のアプリケーションソフトがインターネット上のWebサイトを自動的に巡回してデータを収集するタイプのもの。データを収集するソフトウェアをロボットと呼ぶ。
人手でサイトの「索引」を構築するディレクトリ型にない特徴として、各Webサイト内を指定したキーワードなどの検索条件にしたがって全文検索することができる。
ロボットは人間と違って各サイトやページに書かれている内容の意味や相互の関連までは把握できないため、ディレクトリ型サイトに掲載されているようなサイトの分類や要約などを生成することはできない。

ディレクトリ型検索エンジン

人手で構築したウェブディレクトリ内を検索するサーバ、システムのこと。
人手で構築しているため、質の高いウェブサイトを検索可能。概要を人手で記入しているため、検索結果の一覧から目的のサイトを探しやすい、サイトのカテゴリ分けがされていることから、特定分野や地区などに限定したサイトを探しやすいという特長がある。

しかし、検索対象となるサイトは人手で入力するため、検索対象となるサイト数が多くできないという欠点がある。
カテゴリ:SEOとSEMの基礎対策, 検索エンジン最適化とSEO対策を学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP