メタタグ「ディスクリプション」の設定

28.12.09 09:14 | コメント(0)

description(ディスクリプション)はあまり検索結果に引用されなくなった

description(ディスクリプション)はページの概要・説明文入れるメタタグ内の要素です。
過去のYahooやGoogleといった大手検索エンジンではディスクリプションやキーワードなどを検索エンジン結果の説明文表示や検索エンジン結果に対して重要な評価としてメタタグを読み込んでいました。
しかし、2007年・2008年で検索エンジンの評価が大きく変わったのです。過去は重要であったメタタグが今現在では検索結果表示に対してあまり評価・表示の対象にならなくなってしまったので。
なぜ、YahooやGoogleの検索エンジンの評価対象が変わったかというと、過去にこのメタタグを悪用として利用しているサイトが増加してきたことにあります。全く関係のないホームページのメタタグ内に大手企業の名前やブランド表記を大量に埋め込むといったスパム行為が増えたからです。
全く関係のないキーワードやテキストを大量に埋め込み、クリックしたらアダルトサイトが表示されるというスパム行為が増加した事で、検索エンジン評価が改善されたのです。

googleの検索結果「説明文表示」

googleの検索結果「説明文表示」 Googleの検索結果で中にはメタタグ内の文字列が利用されることもありますが、これは検索ランキングや検索順位に対してディスクリプションを評価しているものでなく、説明文として引用しているだけの事が多いです。

description(ディスクリプション)は検索結果ではあまり評価はされませんが、一応メタタグ内には記載していくことをお薦めします。

ディスクリプションの表示基準として全角80文字前後、あるいは80文字以内が良いでしょう。
カテゴリ:HTML4・XHTML + CSSの基礎, SEOとSEMの基礎対策, WEB屋になる為の知識と技術, コーディング(HTML・XHTML)技術, メタタグ(Meta tag)の設定, 検索エンジン最適化とSEO対策を学ぶ

Facebookでコメントする

コメントする

おすすめの記事

Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

PAGE TOP