Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

メタタグ「キーワード」の設定

26.12.09 19:00 | コメント(0)

キーワードは検索エンジンの順位評価にはあまり引用されなくなった

キーワードは検索エンジンの順位評価にはあまり引用されなくなったと言われて来ましたが、外部の被リンクに対してはまだメタタグ内に入れる事をお薦めします。
キーワードを選定する際にサイトに最も重要なキーワードを選ばなくてはホームページがちゃんと検索エンジンに認識されなかったり、サイトに来て欲しいユーザーが来なくなってしまいます。
自分のサイトには、関心をもっていることをあれこれと詰め込みたくなると思いますが、SEOを本気でするのであれば、バラバラのキーワードの選定はお薦めできません。大変な作業ではないのでキーワード選びには、しっかりと時間を割くようにしてください。

 1. メインのキーワードを決める
 2. キーワードを決める際の選定
 3. キーワードの表記の違い
 4. 言葉の表現の違い
 5. 一般のユーザーがあまり検索しない言葉
 6. 漢字や誤字の違いでサイトを作る

①メインのキーワードを決める

キーワードは、サイトのタイトルとは違います。サイトのテーマ、コンセプトとトップページのキーワードを同じにするのは理由があり、サイトのトップページに、一番重要なキーワード置く為です。

サイトのトップページを検索エンジンに高く評価、認識させる為に入り口であるトップページに強調するキーワード入れる必要があります。そこには選定され絞り込まれたキーワードを入れなくてはいけません。用は浅く広く見せるか、深く狭く見せるかの違いであり、1つのキーワードにすることによりそのメインの1つのキーワードが重視されます。逆にいくつものバラバラのキーワードをいくつも入れることにより、内容が浅いサイトと見られます。

②キーワードを決める際の選定

キーワードを選定する時に最も重要になって来る事がもう一点あります。言葉によるターゲット、ユーザーの感覚の違いをつかむ事です。

ホームページ制作」と「WEB制作」は同じ意味ですが、SEOではこういった言葉の使い分けもユーザー獲得への違いがあり、同じ意味でも使われている言葉により、検索ユーザーが違ってきます。

検索の目的や知識の違いで検索する時の言葉は変わって来て、全くホームページの事を知らないユーザーであれば、「ホームページ制作会社」などといった言葉で検索するでしょう。又、逆にある程度の知識がある人は「WEB制作会社」と検索する人もいるでしょう。言葉によってアクセスを誘導したいターゲットが変わってきます。

③キーワードの表記の違い

キーワードに地域や場所を含む場合、検索結果が若干異なって検索されます。

例えば「新宿」と「新宿区」など地域で検索する人は多くいますが、地域の検索の違いで検索結果が全く変わってくることもあり、「新宿」と検索したときでは、ボーリング、映画館、ダーツ、キャバクラなど遊ぶ場所が検索されることが強いですが、「新宿区」で検索した時では、図書館、区役所、病院といった施設などの検索が多く見られます。特別にキーワードを選定するときは必ず調べてから選定しましょう。

④言葉の表現の違い

キーワードは、サイトのタイトルとは違います。サイトのテーマ、コンセプトとトップページのキーワードを同じにするのは理由があり、サイトのトップページに、一番重要なキーワード置く為です。

ここで「言う言葉の表現の違い」とは、「ラーメン」「らーめん」や「テレビ」「てれび」「TV」「テレビジョン」などといって言葉の表現の仕方があります。大手検索エンジンgooなどではすべてひとつのキーワードとして認識しますが、GoogleYahoo!JAPANといった海外が発生である検索エンジンでは日本語の対応は完全とはいえません。 こういった表示方法がいくつある場合は、同じ言葉を色んなページにいくつか書くのでは、そのほかのキーワードの効果を弱めるだけです。どれかを選んで選定する方がお薦めいたします。

⑤一般のユーザーがあまり検索しない言葉

サイトのキーワードやタイトルを決める際に、雑誌のタイトルやキャッチコピーの様に、あまり一般的に使わないような言葉を使用してしまうことがあると思いますが、美容のサイトや健康サイトで「ビューティーサロン」や「コスメ」といった言葉を使用する場合の様にここでは一般ユーザーを考えれば「美容」「化粧品」などといった、検索しやすい言葉に選定する方が友好的だと思います。

検索して頂いたお客様に分かりやすい言葉で表示されることがもっとも有効だともいます。

子供」などのキーワードを使うときも「キッズ」と使う場合もありますが、この場合「子供」といったキーワードの法がもちろんアクセスには繋がっていくと思います。

⑥漢字や誤字の違いでサイトを作る

誰もが検索エンジンにキーワードを正確に入力できるとは限りませんが、特に会社名、人名は間違って入力をする人が多いものです。例えばホームページ制作会社を検索する際に、漢字の間違いでホームページ製作会社と検索する人もいると思いますが、そんな間違いで検索してくるユーザーを確保しようと、そのキーワードを買っているサイトも御座います。

この方法は良いか悪いかは分かりませんが、わざとそういうユーザーを取り込む為に、誤字脱字や漢字の違いでホームページを作っているサイトもあるようです。これも1つの技であり、ユーザーの取り込み方の1つの方法でもあると言えるでしょう。
カテゴリ:HTML4・XHTML + CSSの基礎, SEOとSEMの基礎対策, WEB屋になる為の知識と技術, コーディング(HTML・XHTML)技術, メタタグ(Meta tag)の設定, 検索エンジン最適化とSEO対策を学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP