Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

住友商事、マレーシアでEC事業本格参入

30.09.14 18:42 | コメント(0)

ASEAN諸国でのEC市場開拓へ

ASEAN諸国のEC市場開拓を目的に、住友商事は「SOUKAI.my」を正式にオープンし、マレーシアにおけるEC事業に本格参入した。

 住友商事は、マレーシアにおけるEC事業として「SOUKAI.my(ソウカイ・ドット・マイ)」を正式にオープンした。同国全土を対象に、生活用品を中心としたECサービスを提供していく。運営主体は、住友商事グループが100パーセント出資するSumisho Ecommerce Malaysia Sdn.Bhdとなる。

 約3,000万人の人口を抱え、一人当たりのGDPは1万ドルを超えるマレーシアでは、インターネットの普及率は60%を超え、近隣諸国に比べてもネットユーザーが多い市場だ。同国のEC市場は、2011年から2014年では240%(平均では135%/年)と高い成長率で推移しており、すでに日本の大手EC企業も参入している。一方で、小売全体にしめるECシェアは1%に満たないレベルにあり、今後の成長・拡大が大きく期待されている。

 住友商事は、日本において日用品ECサイト大手に成長した「爽快ドラッグ」をモデルに、アジアでのEC事業を積極的に展開している。同社は、2013年からの中期経営計画で「アジアのリテールビジネス」を全社育成分野と位置付けており、有望市場であるアジア地域でのEC事業を積極的に展開・拡大し、2020年には国内と海外をあわせて年間売上1,000億円規模への拡大を目指す。
≫詳細はこちら
カテゴリ:世界のIT・経済ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP