フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
ソーシャルネットサービス【SNS】情報・活用方法
WordPress(ワードプレス)で記事のアップと同時にFacebookやTwitterに共有させることが出来る「Jetpack」プラグインの設定方法
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WEB屋になる為の知識と技術
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

ブラウザ上で本格的にWebサイトを作れる新サービス「BiND Cloud」正式公開

13.09.14 01:24 | コメント(0)

「BiND Cloud」正式公開

デジタルステージは19日、Webブラウザ上で手軽にWebサイトが制作できるオンラインホームページ作成サービス「BiND Cloud(バインド・クラウド、以下BiNDクラウド)」の正式版をリリースし、全3コースの申し込みを開始した。

「BiND クラウド」は、BiNDの最新バージョンである「BiND7」の搭載機能の大半をクラウド化し、ネットワーク環境において利用できるよう開発されたオンラインサービス。2014年7月よりβ版を公開していたが、このたび正式版をリリースする運びとなった。

また、「BiND クラウド」を利用するにあたり選択可能なコースは全3種類。ショッピングカート機能から日本語Webフォントまで、BiNDの機能をほぼ網羅した「エントリーコース」は初年度無料で、2年目以降は月額480円。これに加え、独自ドメイン対応やHTMLメール配信サービス、FTP機能まで備えた「プロコース」は月額2,980円、20ユーザーまで利用できるビジネスコースは月額9,800円となっている。

ちなみに、リリース日の19日より新規契約者向けにキャンペーンが実施されており、プロコース(年間一括コース)を期間限定価格の月額1,980円(月額換算した価格/通常価格は月2,980円)で提供するほか、デジハリ・オンラインスクールと共同で開講するBiNDのオンライン講座のうちふたつの講座(約3万円分)が受講できる「BiNDクラウド・デビューキット」を無償で提供する。特典分の講座は「BiND クラウド」のコントロールパネルから閲覧可能で、期間制限などはなく、何度でも講座を見直して学習することができるということだ。
≫詳細はこちら
カテゴリ:世界のIT・経済ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP