フリーランス WEBデザイナー 【キングサイト】
最近のウェブ制作技術
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)で親カテゴリーを指定して子カテゴリ一覧(カテゴリーリスト)を表示させる方法
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WEB屋になる為の知識と技術
Webデザイナーになる為の第一歩(初級)
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目と画像アップロード機能を追加する設定方法
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
WordPress(ワードプレス)でカテゴリー編集画面に新しい項目を追加する設定方法
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
WEB屋になる為の知識と技術
ホームページ制作簡単作成ツールWix(ウィックス)
ウェブ制作カテゴリ
Facebookの投稿
ウェブ制作技術 SNS・ブログ
おすすめウェブサイト
ウェブ制作のご注文は全国対応

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 東京 神奈川 埼玉県 千葉 茨城 群馬 栃木 愛知 静岡 三重 岐阜 新潟 長野 山梨 石川 富山 福井 大阪 京都 奈良 兵庫 滋賀 和歌山 岡山 広島 鳥取 山口 島根 愛媛 徳島 高知 香川 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

WordPress(ワードプレス)の管理画面に追加した「投稿」メニューにカスタムフィールドテンプレートプラグインを設定する方法

22.04.15 23:12 | コメント(0)

「投稿」メニューにカスタムフィールドテンプレートプラグインを設定

WordPress(ワードプレス)の管理画面に「投稿」「投稿記事」メニューを追加するカスタマイズ方法をご紹介させて頂きましたが、「投稿」「投稿記事」のメニューを追加した後に、投稿記事を見ると今までカスタムフィールドテンプレートプラグインを利用している方はお気付きになると思いますが、カスタムフィールドテンプレートプラグインが機能していません。

カスタマイズを行って、管理画面に「投稿」「投稿記事」メニューを追加したい場合、カスタムフィールドテンプレートプラグインを利用するには設定を行わないといけません。
※管理画面に「投稿」「投稿記事」メニューを追加しただけでもデフォルトカスタムフィールドは設定されています。

デフォルトカスタムフィールド

デフォルトカスタムフィールド
 1. ポストIDの確認
 2. カスタムフィールドテンプレートの設定<
 3. カスタムフィールドテンプレートの確認

ポストIDの確認

新しく「投稿」「投稿記事」メニューを追加した場合は、追加した「functionコード」内に記載している「ポストID」をプラグインに設定します。 まずは、「functionコード」内に記載した「ポストID/post_type」を探します。
※例として「お店情報」メニューを追加した場合の「ポストID」を「shop」に設定した場合です。
※「ポストID」は自由に設定を行ってください。
// カスタム投稿タイプ(shop)を作成する
add_action('init', 'add_shop_post_type');
function add_shop_post_type() {
    $params = array(
            'labels' => array(
                    'name' => 'お店情報',
                    'singular_name' => 'お店情報',
                    'add_new' => '新規追加',
                    'add_new_item' => 'お店情報を新規追加',
                    'edit_item' => 'お店情報を編集する',
                    'new_item' => '新規お店情報',
                    'all_items' => 'お店情報一覧',
                    'view_item' => 'お店情報の説明を見る',
                    'search_items' => '検索する',
                    'not_found' => 'お店情報が見つかりませんでした。',
                    'not_found_in_trash' => 'ゴミ箱内にお店情報が見つかりませんでした。'
            ),
            'public' => true,
            'has_archive' => true,
			'menu_position' =>6, //管理画面のメニュー順位
            'supports' => array(
                    'title',
                    'editor',
                    'author',
                    'custom-fields',
            ),
            'taxonomies' => array('shop_category','shop_tag')
    );
    register_post_type('shop', $params);
}

カスタムフィールドテンプレートの設定

ポストID」を探したらカスタムフィールドテンプレートの設定画面「カスタムポストタイプ (カンマ区切り)」にポストIDを追加します。
※例として「お店情報」メニューを追加した場合の「ポストID」を「shop」に設定した場合です。

カスタムポストタイプ

カスタムフィールドテンプレートの設定

カスタムフィールドテンプレートの確認

カスタムフィールドテンプレートの設定を行ったら、記事の投稿画面に移動するとカスタムフィールドテンプレートが表示されるようになっています。

カスタムフィールドテンプレート画面

カスタムフィールドテンプレート画面
以上がWordPress(ワードプレス)管理画面に追加した「投稿」メニューにカスタムフィールドテンプレートプラグインを設定する方法になります。
カテゴリ:WordPress(ワードプレス)構築と技術, カスタマイズ方法(WordPress), ブログツール【CMS】情報とWEBコンテンツ技術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebookでコメントする

    コメントする

    おすすめの記事

    PAGE TOP